1000人の女性とエッチする方法

Freepik – jp.freepik.com によって作成された background 写真

 

僕は今まで1000人以上の女性とエッチしてきました

 

そして、その記録は今も伸び続けています。

1週間に2回新しい女性と対局してる計算になります。

 

1日に3人エッチしたこともあります。

ドタキャンされそうな空気感だったので

リスクヘッジとして19時、21時、23時に

3人と約束をしてましたが、

運良く全員来てしまいました。

しかも全員、タイプの違う美人でした。

 

1人2対局、計6発です。

平日の仕事終わりですからヘトヘトです。

ただ人生で味わったことの無い達成感高揚感です。

 

僕のモットーは一期一会

常に新しい女性との出会いを大切にしてます。

 

別に外見が特別イイ訳でも無いし、身長も高くない。

若くも無いし、新規の女性に一切お金も使いません。

 

それでも毎日、デートの誘いがあります。

 

僕が人より優れているのは、「エッチのテクニック」だけです!

一度僕と対局すると、何度もしつこく連絡が来るようになります。

 

初対面で30分でエッチまで持ち込むのが僕の流儀です。

深追いしません。

ダメならすぐに次に行きます。

だって毎日お誘いがありますから。

 

このページを見て面談希望してくる女性もいます。

そういう女性は自分に自信があって、

ルックスもテクニックも高い女性ばかりです。

まるで道場破りのごとく僕に対局を挑んできます。

 

逆に自信が無い女性もいます。

「彼氏を喜ばせてあげたい。どうしたらいいですか?」

「彼氏でイったことないんです。」

「エッチが好きになれなくて。」

 

ドタキャンもありますが、ドタキャンするタイプは決まってます。

返事が1行返しで曖昧、1週間以上先の約束をする女です。

特にフリーターやFランク大学、中小零細企業のOLはドタキャン率高いです。

前日にリマインドしても返事すらなく、

当日になってようやく「あ、忘れてた。でも嘘はついてない。」

などと謝罪すらしません

 

要するに偏差値低い常識すらない女はドタキャンします

そして罪悪感も反省も全くありません

こーゆー女は何をやっても成功しないし、幸せにもなりません。

人として欠落してるので会っても楽しくないし、

不愉快な思いをするだけです。

自分勝手で人への思いやりもないからです。

相手にするだけ時間のムダです。

 

Youtuberによるナンパの実践動画も紹介されてますが、

あれはヤラセか、よほどのイケメンです。

あんな面白くないトークで女性がメロメロに

なっているのは、どう考えても不自然です。

 

居酒屋に行って酔わせる必要もありません。

居酒屋で女性にお金を使った後に

食い逃げされたら、悔しくて夜も眠れません。

僕が女性にお金を使うのは、対局後です。

優秀でハイクラスな女性人を癒すのが上手なので、

リピートする価値があります。

 

対局後であれば、

食事に行ったり、温泉旅行に行ったり、

車をプレゼントしたこともあります。

 

女性にも性欲はあり、彼氏が半年以上いない女性は狙い目です。

職業で言うと、学生、フリーター、看護師、保育士は即対局に

なる確率が高いです。

 

僕の真似をすれば、

よほど外見がひどくない限り

誰でも女性に困らないモテモテ人生を送れます。

 

事実、無料公開していた際は多くの方から

感謝のメッセージをいただきました。

 

ただ、これを不特定多数の人に公開しすぎて

僕のパフォーマンスが落ちてきたので、

特定の人だけに公開するため

より詳細な攻略マニュアルを作成し有料化しました。

 

有料のマッチングアプリなど使う必要はありません。

ほぼサクラです。

 

もう一度言います。

僕は女性にお金を使いません

今までの苦い経験からこのスタイルがベストだと確信してます。

 

女性は男性をいとも簡単に裏切るので、

女性にお金を使うのは無駄な投資です。

女に金使うぐらいなら一人で高級焼肉でも行った方がいいです。

 

絶対に後悔はさせません。

1000人切りを達成したい方はご購入ください。

それ以外の方は、購入しないでください。

モテすぎて忙しくなるためです。

 

一度しかない人生、楽しみましょう!

 

■面談希望←女性の方はコチラ

 LINEにお気軽に連絡ください。

   

■ご購入←男性の方はコチラ



    スポンサーリンク
    レクタングル大336×280
    レクタングル大336×280

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする