いじめ・虐待を無くす方法

SNSの普及により、

いじめや虐待が表面化してきました。

 

幼い命が絶たれても

学校や児童相談所、警察、日本政府は責任逃れに奔走するばかりで

誰もシステムや法律を変えようとはしません。

 

何故、虐待するのか?

虐待する親は必ず「これは、しつけだ!」と言います。

 

しかし、本当のしつけとは、暴力ではなく、

言葉で説明し、頭で理解することなのです。

 

怖いから、痛いから、言うことをきくのでしょうか?

それでは、「どうして、それがダメだったのか理解できないけど、

とにかく叩かれるから言うことをきいておこう」

という大人にしかなりません。

 

自分の頭で理解して、納得して、判断して、行動する

これが成長のメカニズムです。

 

ところが理解も納得も判断すらせずに、

とにかく言われるがままに行動する。

これでは人間として成長はありません。

 

それは「しつけ」ではなく、「調教」です。

 

しつけの意味も仕方も分からない

頭の悪い親が、感情にまかせて

暴力をふるっているだけ。

 

児童相談所は本当に役に立たないのか?

はい、役に立ちません。

 

「児童相談所は一生懸命やっているけど、人手が足りない」

なんて言う人がいますが、本当にそうでしょうか?

 

先日、10歳の女の子が「父親に暴力をふるわれています」

といういじめに関するアンケートの回答を

野田市教育委員会の矢部雅彦次長が

加害者である父親に手渡したという最悪の事件がありました。

 

そもそも虐待する人間は、暴力・暴言が当り前の人です。

その暴力・暴言に負けてしまう人など

何万人いても役に立ちません。

人数の問題ではなく、戦力外なのです。

 

能無しだけならまだしも、これは殺人ほう助にあたります。

自分の身を守ることを優先し、10歳の子供を

生け贄に差し出したのです。

つまり、殺人の手助けをしたに他なりません。

 

それでも、その人は今でも何の懲戒もなく、

今でも新たな被害者を生み出そうとしています。

記者会見でも反省の色はなく、

後悔に打ちひしがれている姿は見ることが出来ませんでした。

虐待死など日常茶飯事なのでしょう。

 

一度保護してにも関わらず、父親の元に返すという

最悪のミスもありましたが、その判断をした

奥野智禎前柏児童相談所長もまるで他人事のように論評していました。

 

長期欠席や虐待を把握してた学校も

家庭訪問すらしませんでした。

 

これだけ多くの大人が虐待を把握していたにも

関わらず見殺しにしたのです。

 

特別な訓練も受けておらず、

子供を守ることに情熱を持たない公務員

役に立たないのは当り前です。

 

どんなシステムならいいのか?

海外では教師、医師など、子供に関わる大人はもちろん、

ご近所の人でも、虐待を察知したら担当機関に通報する

義務や罰則が法律で決められていますし、

すぐに警察も動き、一時保護や逮捕も可能です。

 

今回は、学校、教育委員会、児童相談所が

子供を救える決定的な証拠もチャンスもありながら、

女の子を見捨てたのです。

 

日本でも児童相談所の権限を強化し、

児童相談所長の承認を得て、

警察に相談できるようにしようという

動きがありますが、遅すぎます。

 

日本でも通報の義務と罰則を導入し、

通報と同時に警察が介入すべきです。

今回、その児童相談所長が最悪の判断ミスをしているのですから、

その能無しに権限を持たせることは意味がありません。

 

交通違反の取締り強化を理由に

小遣い稼ぎをしているほど人が余っているのだから、

その人材をこちらに回すべきです。

 

また学校、医師、警察が検索・閲覧できる

「虐待データベース」を構築し、

どこに転校しようとも通報の履歴が見れるようにすべきです。

 

学校や病院に来た時に、アラートが出るようにして、

関係者に注意喚起をすべきです。

 

また通報してくれた人には、

なんらかのインセンティブが必要です。

例えば、駐車違反を見逃してくれるとか、

税金が還付されるとか。

 

能無し公務員の代わりに働いてくれたのだから

それぐらいは安いものです。

その分、能無し公務員も減らして、少数精鋭にできます。

 

現在は、その公務員個人の能力、やる気、正義感、責任感に

依存しているため、無能な担当者にあたると同じ事が繰り返されます。

個人依存の体質から脱却し、

高い能力、やる気、正義感、責任感に満ちた

一般人の力を借りることこそ、問題の解決への早道です。

日本国民全員で監視するのです。

 

アーティストジャムでは、

いじめ・虐待を撲滅するための団体を支援し、

高い能力、やる気、正義感、責任感に満ちた方を

募集しています。

 

是非、貴方の力を貸してください。

ギャッツビー募集 係まで

 

スポンサーリンク
レクタングル大336×280
レクタングル大336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする